カテゴリー別アーカイブ: 2019年

高校説明会へのご来場ありがとうございました

12/7(土)、高校説明会を開催いたしました。10/26(土)に今年度第1回目となる説明会を行い、本日は5回目(午前 926名)、6回目(午後 814名)の実施となりました。これで全6回の総来場者数は6,628名となりました。多くのご来場、誠にありがとうございました。

IMG_8570

まずは私(岡田)からご挨拶させていただきました。

IMG_8558_1

「平成の30年とはどのような時代だったのでしょうか。ある一つの切り口からすると、『日本が世界的な産業の変化についていくことができなくなった時代』と見ることができるのではないでしょうか。現在の中高生が社会人として活躍することになる近い将来、今以上にグローバル化が進み、人工知能(AI)の技術も進歩するでしょう。しかし、どのような社会になるかは正確には誰にもわからないのです。確かなことは、今と同じ社会がそのまま続いていくことはありえないということ。桐蔭学園では、どのような社会になろうとも、自らの力で道を開いていける人物の育成を目指しています。イノベーションを起こせる力、自ら考え判断し行動できる力を育成する、それが『新しい進学校のカタチ』にほかなりません」

IMG_8562_1

続いて、香川高校部長より「学校生活全般」について、登本教諭より「探究(未来への扉)授業」について、一蝶教諭より「キャリア教育」について、グラジアニ教諭より「Global Lounge」について説明いたしました。最後は「入学試験」についての説明をして全プログラム終了です。

毎回のことですが、終了後に「今会社で最も大きなテーマになっているのがまさに今日の説明会で話されたことなのですよ。共感しました」とお声をかけてくださる保護者の方がいらっしゃいます。改めて桐蔭学園への期待を痛感し、身の引き締まる思いです。

いよいよ入試シーズンが本番を迎えます。受験生の皆さんにとって辛い時期でもあります。そんな中で、「なぜ勉強するんだろう?」といった疑問が湧いてくることがあるかもしれません。私もそうでした。

「なぜ勉強するのか」━━私は感動を得るためだと思っています。勉強をすると、今まで知らなかったことを知ったり、わからなかったことがわかったりすることで「ああ、そうだったのか!」という感動を得ます。これが勉強をする意義だと思うのです。

受験生の皆さん、大変な受験勉強の中でも、そんな感動を得ることを決して忘れないでください。応援しています。

IMG_8575

 

朝会を行いました

12/6(金)、朝会を実施しました。2学期が終わり、3学期が始まる区切りとなるこの日、各学校ごとに実施しました。

私(岡田)からの話です。

PC060271

~「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」━━ダーウィンの言葉です。「変化できる」━━私はこれは「しなやかさ」だと思っています。おそらく、次の時代を生き抜くために必要な強さというのは「鋼のような強さ」ではなく、「しなやかさ」でしょう。ぜひ多くのことを経験してください。そして、多くの人と接してください。多くの人と接して、その人の話をよく聴いてください。その人に自分の考えを伝えてください。それが自分の世界を広げることにつながります。「傾聴と承認」こそが、自分の可能性を広げるための確かな道なんです。「しなやかさ」━━これは常に変化し続けて、広い世界を知っているからこそ得られる力なのです~

続いて、優秀な結果を残したクラブ活動の表彰を行いました。

朝会終了後は、この冬、全国大会に出場するクラブ活動の壮行会を行いました。

【写真左は共学高校での登壇者、右はラグビー部・伊藤大祐君による挨拶】

PC060260 PC060265

【写真左は女子部での登壇者、右は少林寺拳法部・吉澤志穂さんによる挨拶】

PC060274 PC060275

最後は全員で学園歌を斉唱して選手たちを激励しました。

【写真左は共学高校、右は女子部】

PC060262 PC060277

平成が終わり、令和がスタートした今年、日本にとって大きな歴史の転換点となりました。その令和元年もあと3週間余りで終わります。

桐蔭生の皆さん、令和がどのような時代になるか、皆さんにかかっています。期待しています。

 

一歩先を行くマナー講座(中学女子部)

12/5(木)、中学女子部で「コミュニケーション上手になる! 一歩先を行くマナー講座」が行われました。キャリア教育の一環として行われているこの講座、彼女たちは中1次より受講しています。

PC050274

講師は、㈱J-Laboの前田泰子先生(本校卒業生)です。

PC050272

3年生のテーマは「他者目線から『私の印象』を知る」━━人前での挨拶やスピーチを行う際、聴く人の立場になって話せるようになることが目標です。

PC050257

「挨拶・名乗り⇒テーマ・本題⇒名乗り・挨拶」という話の構成を心がけると説得力が増します。また、話すときの目線にも気をつけて━━的確なアドバイスが続きます。

PC050267

アドバイス後のスピーチは大変素晴らしいものになっていました。

PC050264

講座では「人間関係をスムーズに築くための基本スキル」として、「姿勢」「身だしなみ」「あいさつ」「笑顔」「態度」「言葉づかい」が協調されます。

PC050280

2年生のテーマは「伝える技術・聴く技術」━━上手な話し方のポイントおよび温かな聴き方のポイントを学びます。聴き方では、相づちやうなずきで、話を理解していることを示す態度が大切であるとも。桐蔭学園が重視している「傾聴と承認」の姿勢ですね。

写真は、人に書類を渡す際のマナーを習得するペアワークの様子です。

PC050284

最後は学年全員の前で今日学んだ成果を発表します。上手にできました。

PC050286

講座終了時、全員で「礼」。始まりの時よりもずっとしっかりとした「礼」になっていたように感じました。

PC050287 PC050288

桐蔭学園の教育の柱となっている「アクティブラーニング型授業」では、対話を重視しています。対話を有効に行うためには、相手に対する思いやりや気遣いを伝えるためのマナーというものがいかに大切であるか、生徒たちにも伝わったことでしょう。

 

もちつき会(幼稚部・小学部)

12/4(水)、幼稚部・小学部で「もちつき会」が行われました。今年で49回目を迎える、保護者主催の伝統行事の一つです。

子どもたちはこの日を心待ちにしていました。

PC040416

幼稚部の子どもたちもお手伝いしてくれました。

PC040379 PC040381PC040410 PC040403

もちをつく場所には、このような展示もあります。

PC040369

この春、小学部の5年生が田植えをし、もち米を育て、このたび無事収穫を終えました。その収穫を祝って皆で食するという体験を通じて、「食」や「命の尊さ」について学びます。

PC040387 PC040384

お手伝いくださった保護者の皆さまは、なんと朝の5時から(!)準備を開始してくださいました。ありがとうございます。

もち米を研いで…

PC040430

この釜(!)で炊いていきます。炊飯器で米を炊くことしか知らない子どもたちにとっては、初めて目にする光景です。

PC040429

そして、炊き上がったもち米を杵と臼でついていきます。保護者の皆さまと職員とが協力して。

PC040338

私も少しお手伝いしました(汗)。

「これが杵。重いでしょ? これから先生がつくから大きな声で応援してね!」

PC040373

子どもたち、大きな声で「ヨイショ!」と応援してくれました。おかげで力一杯つくことができました(汗汗)。

PC040376 PC040377

澤本園長・校長先生も。

PC040391

つきあがったもちは、このように丸めていきます。ここでも保護者の皆さまが大活躍。

PC040433

最後にパックに詰めて全工程が終了。

PC040434 PC040435

多くの保護者の皆さまのお力添えで、大成功のうちに終えることができました。朝早くから準備していただき、また遅くまで片付けなどの作業を行っていただき、大変感謝しております。

最後は子どもたちからお礼。「ありがとうございました!」

PC040394

これが全工程「手作業」で作られた完成品です。早速いただいたところ、弾力が大変強く、噛むごとにもち米の良い香りが口一杯に広がる、昔ながらの本当においしいおもちでした。何もつけずに、そのままいただくことができます。

子どもたちに伝えていきたい伝統文化の一つです。

PC040257

 

高校説明会を実施しました

11/23(祝土)、高校説明会を実施しました。10/26(1回目)、11/16(2回目[午前]、3回目[午後])に続き、今年4回目となる説明会です。

祝日にもかかわらず、1,222名の方がお越しくださいました。お足元の悪い中、多くのご来場ありがとうございました。

1123①

説明会では、最初に私(岡田)からご挨拶させていただきました。

「今から10年後、どのような社会になっていると思いますか。これに答えるのは相当難しいことです。ただ、少なくとも情報化やグローバル化が今以上に進み、人工知能(AI)技術が飛躍的に進歩することは間違いありません。そのような社会において必要なこと━━それはAIが苦手とするイノベーションを起こす力を備え、磨くことではないでしょうか。桐蔭学園ではそのような力を育成すべく、アクティブラーニング型授業、探究(未来への扉)、キャリア教育を3本柱に据え、学校改革を行っています。目指しているのは『新しい進学校』なのです」

続いて、香川高校部長より学校生活全般について、登本教諭より「探究(未来への扉)」の授業について、一蝶教諭よりキャリア教育について、そしてグラジアニ教諭よりグローバル教育について説明しました。

【「キャリア教育」について(一蝶教諭)】

1123②

【「グローバル教育」について(グラジアニ教諭)】

11123③

最後は、金子入試対策部長より入学試験全般について説明し、全プログラムが終了です。

桐蔭学園が現在取り組んでいる教育改革は、次の時代を見据えたものとなっています。改革のビジョンは「自ら考え判断し行動できる力」を育成すること。全ての教育活動がこのビジョンを達成することを目的として展開されているのです。

桐蔭学園の理念と実践について、その一端でもご理解いただけたらこの上ない喜びです。

1123④

 

模擬国連部(中等教育学校) 最優秀賞(優勝)受賞!

11/16(土)、17(日)に開催された第13回全日本模擬国連大会において、オーストラリア大使を務めた渡辺健太君(5年)と大久保慶隆君(4年)のペアが、優勝にあたる最優秀賞を受賞しました。来年5月にニューヨークで開催される世界大会へ出場します。中等教育学校の模擬国連部が最優秀賞を受賞したのは通算7回目、ニューヨークでの世界大会への出場は6年連続10回目となります。

【写真左から 木嶋君(5年)、柴垣君(5年)、大久保君(4年)、渡辺君(5年)】「旗折り儀式」(折った後)

以下、部の顧問である安井教諭(3年学年主任)の話です。

「今会議の議題である『死刑モラトリアム』は、国際社会の対立が非常に根深い議題でしたが、オーストラリア大使の両名と日本大使を務めた木嶋君(5年)・柴垣君(同)は4ヶ月にわたって本当に一生懸命に準備を重ねてきました。会議当日はオーストラリアが『死刑廃止国側』、日本が『死刑存置国側』をまとめる形となり、その過程でこの4名は十二分に力を発揮していたと思います。全国大会最優秀賞にふさわしい、素晴らしいパフォーマンスでした」

この4名の健闘に心から拍手を送りたいと思います。来年5月の世界大会でも、どうか頑張ってください。