月別アーカイブ: 2020年9月

朝のあいさつ運動(中等1年・2年)

中等1年・2年の生徒会の発案で、「朝のあいさつ運動」が始まっています。

P9300314

9/26(土)から毎朝、F棟校舎の中等1年・2年のエリアにつながる廊下で、「おはようございます!」と大きな声で朝のあいさつを響かせています。校舎に入ると、かなり離れた場所からでも元気の良い声が聞こえてきました。

P9300318 P9300319

あいさつはコミュニケーションの基本。あいさつを交わすことで、お互いに「承認」し合うことができます。それが自己肯定にも結びつくのです。何よりも気持ちの良いあいさつを交わすることで、気分が晴れやかになるもの。人としてぜひ身につけたいスキルですね。

生徒会の4人。

P9300320

ところで…

下の写真は中等1年・2年エリアの入口にあったボードです。明日(10/1)は今年の中秋の名月、十五夜ですね。「そういえば長らくお月見などしていないな」などと思いつつ、早速明日の天気予報をチェック。皆さんも、たまにはじっくり空を見てみませんか。

P9300312

 

市進学院主催「オンライン説明会」

9/24(木)、市進学院主催による「オンライン説明会」を行いました。

例年、同学院の新百合ケ丘教室で実施される「私学教育の魅力を考える会」にお招きいただき、そこで講演会・座談会を行うのですが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、オンラインによる説明会となりました。

下の写真のように、校長室からZoomによって説明する形です。

P9240316

例年はご参加の皆さまと「フェイス・トゥ・フェイス」でお話しできるのですが、今年はPCのカメラに向かって語りかけるスタイル。勝手の違いに少々戸惑いながらも、カメラの向こうにいらっしゃる皆さまを思い浮かべながら、丁寧に説明させていただいきました。

最後の質疑応答を含めて正味1時間の説明会、大変有意義な時間でした。桐蔭学園の魅力が少しでも伝わったならば、嬉しいかぎりです。

ご参加くださった皆さま、そして市進学院スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

 

世界の10代と歌う「We are the world」

本校の高校2年の生徒が企画したプロジェクト~「世界中の10代で歌ってみた!」”We Are The World”-covered by Teenagers All Over The World(Project For Peace)が、youtubeで公開されています。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=17&v=gGcK5VyeEIw&feature=emb_logo

プロジェクトを中心になってまとめたのは村石るいさん。現在、高校模擬国連部の部長を務めています。

企画から伴奏、録音、編集まですべてを10代だけで担当したこのプロジェクトは、コロナ禍の中、隔てられてしまった人と人との距離を、リモートによって心を一つにすることで乗り越えようという一心で進めてきたものです。

村石さんは「この動画が、人類がかかえている様々な困難に対して、10代でもできることを考える一つのきっかけとなり、行動する勇気を与えることができたら幸いに思います」と思いを語っています。

どうそご覧ください。

 

「甲子園のない夏」(NHK BS1)~卒業生・早見和真さん

5/22のこのブログで、小説家・早見和真さんによる朝日新聞への寄稿を紹介しました。早見さんは桐蔭学園の卒業生で、高校時代は硬式野球部に所属。このときの寄稿は、今夏の甲子園大会が中止になったことを受け、ご自身の経験をふまえての高校球児、特に三年生へのメッセージとなっていました。

http://toin.ac.jp/principal/?p=5511

そしてこのたび、9/14(月)の21:00~21:49にNHK BS1で放送される「甲子園のない夏」というドキュメンタリー番組の制作に、早見さん自身が取材として関わっています。

https://natalie.mu/eiga/news/395963

先の寄稿の中で、「どの大人も経験したことのない三年生の夏を過ごすすべての高校生が、十年後、二十年後の社会の真ん中に立ち、新しい言葉と考えを武器に次々と何かを打ち出しているべきだと思っている」と記していた早見さん。今回の番組に寄せて、「最初から最後まで、彼らをうらやましいと思うことばかりでした。悲劇のヒーロー、時代の被害者はきっとどこにも映っていません」とコメントしています。

甲子園を失った高校球児たちがどのような姿として描かれるか、どうぞご覧ください。

 

先輩の1分間スピーチに学ぼう(高校共学1年・2年)

桐蔭学園では、キャリア教育の一環として、朝のホームルームの時間に「1分間スピーチ」を行っています。あるテーマについてクラス全体の前でスピーチすることで「伝える力」を、また全員でしっかりと耳を傾けることで「傾聴する力」を養うことがねらいです。

このたび、いよいよ1分間スピーチが始まる1年生の教室に、2年生の先輩が「お手本」を示しにやってきてくれました。

日記の魅力について語ってくれたFさん。説得力のある語り口です。

IMG_5034

ダイビングについて語ってくれたSさん。熱い思いが伝わってきます。

IMG_5068

真剣な表情で聞き入る1年生。先輩の話に自然と引き込まれている様子がよくわかります。「傾聴」の姿勢です。

IMG_5049

最後は盛大な拍手。話し手に対する「承認」の証ですね。

IMG_5055

終了後、先輩に渡すメッセージカードを記入します。これも「承認」です。

IMG_2644

カードを受け取った話し手にとって元気が出るようなコメントが並びます。たとえば…「話し方が堂々としていて、引き込まれるというか、とても見習いたい話し方でした。話の内容も、自分の事だけでなく、メッセージが込められていたので、聞けて良かったです。イケメンですね」━━宝物になりますね。 桐蔭学園が目指している「傾聴と承認」の姿勢はこうして養われていきます。

IMG_2650 IMG_2641

今回の企画は、一日の長がある2年生が1年生のために大役を買って出てくれたことで実現しました。初対面の後輩たちの前で、しかも朝一番に話すということで、さぞかし緊張したことでしょう。見事大役を果たした2年生たち、さすがです。

来年は、成長した現1年生たちが後輩に「お手本」を示してくれるはず。これも桐蔭文化の継承の一つといえましょう。

 

学校見学会を実施しました(中等教育学校)

9/5(土)、中等教育学校の学校見学会を実施しました。

例年、シンフォニーホールにて桐蔭学園について説明させていただいた上で校舎内をご覧いただくのですが、新型コロナウイルス下ではそれが叶いません。そこで、今年度は計6回の学校見学会を企画しました。その1回目となります。

受付では手指の消毒やディスタンス確保のお願い。

P9050313

検温もさせていただきます。

P9050312

十分なディスタンスを確保するため、毎回の定員を100名様に限らせていただきました。計6回の見学会のうち、土曜日に実施するものは2回。この土曜実施分はいずれも予約開始直後に満席になってしまいました。申し込みできなかった皆さま、大変申し訳ありません。

10名様1組に案内教員が1人ずつついての見学です。

P9050314 P9050317

授業見学も。こちらは1年生の英語の授業です。全員がマスクをつけ、机をつけない形でのワーク中でした。

P9050323 P9050325

グローバルラウンジ。英語を使ってネイティブ教員や友人とコミュニケーションを取ることができる空間です。基本、英語のみでのコミュニケーションです。生徒たちは気軽に立ち寄り、楽しい体験することができます。今年度の状況下ではできていませんが、ポップコーンを作ったり、映画を見たりといったイベントも行います。

P9050320 P9050319

暑い中ですが、ちょっと外に出てグランドの見学です。

P9050316

校舎内には生徒会が作成したソーシャルディスタンスを呼びかけるポスターや…

P9050329

クラブ活動の部員募集のポスターが貼られていました。コロナ予防に細心の注意を払いながら、学校の活動が再開していることがおわかりいただけたと思います。

P9050327

コロナ予防に努めながら、一方で受験校の情報を手に入れたいと願うのが受験生と保護者の皆さまのお気持ちだと思います。そのような皆さまに、少しでも桐蔭学園の魅力をお伝えしたいと考えて企画したのが今回の見学会です。その魅力の一端でも感じていただけたならこの上ない喜びです。本日ご参加くださった皆さま、暑い中でしたが本当にありがとうございました。

P9050330