年別アーカイブ: 2021年

始業式

4/8(木)、始業式が行われました。全学年の生徒が登校し、いよいよ新しい年度が始まります。

まずは私(岡田)の講話からスタートです。従来はシンフォニーホールで行ってきましたが、コロナ禍の中では各教室のスクリーンで動画を視聴する形をとっています。

【高校共学2年の様子】

3

【中等3年の様子】

IMG_6969_R

「風を一杯に受けて進むヨット。しかし、せっかく風が吹いていても、帆そのものを張らなければ風をつかむことはできず、進むこともできません。私は、チャンスというものは私たちの周りに平等に流れていると思っています。これが風です。要はそれをつかめるかどうか。つかむ、ということは帆を張るということ。つまり、チャンスというのは待つものではなく、自分で作るものなのです。チャンスをつかみ、それをモノにする1年にしよう」

IMG_0811_R

生徒たち、よく聴いてくれていたようです。

2

高校共学では対面式が、やはり動画を配信する形で行われました。

4.

中等の前期課程では、3学年がグランドに集合して対面式を行いました。

新入生が入場。上級生たちが盛大な拍手で迎えます。 

IMG_2131

内側の輪が新入生、外側が上級生です。

IMG_2158

春は新しい生活が始まる季節。真新しい制服に身を包んだ新入生たちはもちろん、新学年に進級した上級生たちにもきっと多くの出会いがあることでしょう。私たち教員にとっても、新しい生徒や保護者の皆さまとの出会いがある楽しみな季節です。

出会いというのも、やはり「チャンス」。待つものではなく、自分で作るものなのです。せっかくのチャンスを「すれ違い」で終わらせるか、それとも「出会い」へとつなげられるか。

「さあ、始まるぞ!」という気持ちにさせてくれる1日になりました。

 

 

入学式(高校男子部・高校女子部)

4/7(水)は、高校男子部および高校女子部の入学式が行われました。それぞれ中学校から桐蔭学園で生活してきた生徒たちですが、高校入学という「節目」を意識する大切な1日です。

DSC_0858

男子部は10:00、女子部は13:30から開式となりました。

新入学者発表では、新しい担任の先生からクラス全員の名前が読み上げ、起立していきます。

DSC_0614 DSC_0868

私(岡田)からの告辞です。

「皆さんは中学・高校と同じ桐蔭学園で学ぶことになりますが、異なる点もあります。その最も大きな点は、高校は義務教育ではないということ。皆さん自身の意思で進学するのです。意思には責任が伴います。意思と責任は表裏一体、これが自由ということです。建学の精神の1つ、『社会連帯を基調とした、義務を実行する自由人たれ』の意味を、今一度噛みしめてください」

DSC_0676

溝上理事長からの祝辞です。

「建学の精神には『自由』『求学』『道義』『愛国』『国際人』という5つが謳われています。この先、自分のことで精一杯で人々のことなど考える余裕がない、という気持ちになることもあるでしょう。そんな辛い時こそ人々のこと、社会のことを少しでも良いから考えてほしい。そうすることで、肩の力が抜けて状況が好転することがあります。心のどこかに留めておいてください」

DSC_0943

「誓いのことば」。男子部代表は矢口琢磨さん。

「高校生活は、大人になる上で最も大切な3年間です。何事にも積極的に取り組み、挑戦することを心がけていきます。日々の生活を漫然と過ごすことなく、メリハリをつけて充実させていき、3年後に『人生で最高の1ページだった』と言って卒業できるような生活を送ることを誓います」

DSC_0731 DSC_0745

こちらは女子部代表の古川梨帆さんです。

「中学校生活最後の年は、今まで『当たり前』と思っていたことが実はそうではなかったことに気づかされた1年でした。だからこそ、今後の学校生活一つひとつに全力で取り組むことを大切にしたいと思います。その中で、『当たり前』に過ごすことのありがたみを噛みしめていく所存です」

DSC_0980 DSC_0978

新入生の皆さん。ご存知のように、桐蔭学園には多くのチャンスがあります。チャンスを掴み、モノにする高校時代にしてください。

私たちが等しく持っている資源、それは時間です。皆さんにとっての3年間、それは人生の中でも最も濃密で豊かな時間となるはずです。いや、豊かな時間にしなければなりません。

そのためには「食わず嫌い」をすることなく多くのことと関りを持ち、積極的に取り組んでいくことが大切です。私たち桐蔭学園は、そのためのサポートを全力で行っていきます。

新入生の皆さん、保護者の皆さま、改めてご入学おめでとうございます。

 

入学式(中等教育学校)

4/6(火)、中等教育学校の入学式が行われました。これから6年間、芸術の鑑賞や節目となる行事の際に、何度となく入ることになるシンフォニーホールでの実施です。

DSC_0311

感染防止のため、前後左右の座席を空けての着席。保護者の方のご参列も各ご家庭1名様に限らせていただきました。

担任の先生がクラスの生徒の氏名を一人ひとり読み上げ、その場で起立していきます。21期生、323名が入学です。 新入生たち、みな緊張の面持ちでした。

DSC_0284

私(岡田)からの告辞です。

「皆さんは『なぜ学ぶのか』と問われたら、どのように答えますか。私が皆さんと同じ時分、答えることはできませんでした。でも今はこのように答えます。『感動を得るため』です。物事を新しく知ったり、理解できた時の『ああ、そうだったのか!』という感動、これを大切にしてください。その感動の積み重ねが、皆さんそれぞれの『夢』へと成長するのです」

DSC_0336

続いて、溝上理事長からの祝辞です。

「たとえば野球のバッティング練習のとき、ただ漫然とバットを振るか、それとも身体の使い方などを考えながら取り組むか。どちらのやり方をとるかによって、成果が大きく違ってきます。常に『今が本番だ』と思って全力で取り組むことにより、思い通りの成果が得られるはずです。桐蔭学園は、皆さんのこれからの学びと成長をしっかりとサポートしていきます」

DSC_0389

新入生代表による「誓いのことば」。中等教育学校の新入生が男女共学化した2年前から、男子・女子のペアによるリレー形式で行っています。緊張感の中、ハキハキと、そして力強く抱負を述べてくれました。

DSC_0422 DSC_0414

式の終了後、学年の担当教員の紹介が行われました。教員一同、生徒の皆さんの成長を全力でサポートしていきます。

DSC_0447

新入生の皆さん、保護者の皆さま、改めてご入学おめでとうございます。

新入生の皆さんにとって、先輩たちの「背中」はずいぶん大きく見えることでしょう。今後、さまざまな場面で彼らと接することで、「憧れ」へと変わっていくことと思います。しかしそんな先輩たちも、入学当時は皆さんと同じ、まだまだ小学生のような存在でした。桐蔭学園のさまざまな場面を通じて成長し、今のような頼もしい姿になっていったのです。皆さんもどうか先輩たちに続き、桐蔭学園での生活を楽しみながら成長していってください。

充実した6年間となること、そして卒業する時に「桐蔭学園でよかった」と思えるようになることを心から願っています。

 

入学式(高校共学)

4/5(月)、高校共学の入学式が行われました。 2021年度のスタートです。

IMG_0311

式は各コースごとに行われました。スタンダードコースは9:30、アドバンスコースは12:00、プログレスコースは15:00にそれぞれ開式です。

コロナ禍の中、新入生は1席ずつ空けて着席。また保護者の方の参列は、各ご家庭1名様に限らせていただきました。ご協力ありがとうございます。

クラスごとに担任の先生が新入生一人ひとりの氏名を読み上げていきます。

DSC_9571 DSC_9837

私(岡田)からの告辞。

「皆さんには3つの約束をしてほしいと願っています。他の人を尊重すること、自分を磨くこと、そして夢を語れる情熱を持つことです。この先の高校生活で壁にぶつかったとき、この3つのことを思い出してください。何らかのヒントになるはずです。皆さんは今日から桐蔭学園の生徒。今抱いている期待と不安とを私たち桐蔭学園は全て受け止めます。どうか全力で飛び込んできてください」

DSC_9624

続いて、溝上理事長より祝辞です。

「皆さんは変化の激しい、先の見通しにくい時代を生きることになります。今回のコロナ禍からもわかる通り、すでにそのような時代に入っているのです。このコロナ禍の中でも伸びている生徒というのはどういう生徒か。それは、コロナ禍以前からしっかりと自分の生活をコントロールでき、取り組めていた生徒にほかなりません。毎日を前向きに過ごし、充実したものにしてください」

DSC_9904

新入生代表による「誓いのことば」。

これから始まる新しい生活に向けての抱負と決意が語られました。頼もしい限りです。

DSC_9668 DSC_9920DSC_0122

最後はこれから何度も歌うことになる学園歌の演奏です。感染防止のため声を出して歌うことはせず、歌詞カードを見ながら「心の中で」歌ってもらいました。

DSC_9922

終了後は、各コースの担当の先生を紹介していきました。

DSC_0143

新入生の皆さん、そして保護者の皆さま、 ご入学おめでとうございます。式の中でもお話ししましたが、私たち桐蔭学園は、新入生の皆さんの期待と不安を全て受け止めます。そして3年間、しっかりと寄り添っていきます。

どうか桐蔭学園での高校生活を楽しんでください。皆さんの成長を楽しみにしています。

 

終了式

3/24(水)は今年度の最終登校日。終了式はシンフォニーホールから私(岡田)の講話を各クラスのスクリーンに配信するスタイルで実施しました。

「皆さんが生きる時代はAIが台頭する時代になります。私たちはAIにはできないことができる力を身につけなければなりません。AIにはできないこと──たとえて言えば、馬車から鉄道を生み出す発想をすること──イノベーションです。私は、今回の新型コロナウイルスの問題を中高の時代に経験した皆さんこそが、次の時代のイノベーションを起こせると信じています。スマホはそれまで『奇跡』と思われていたことを『日常』に変えました。これもイノベーションの成果。次の時代、今はまだ『奇跡』と思われていることを『日常』へと変えるのは、皆さんです」

生徒たち、よく聴いてくれました(写真は高1共学)。

IMG_20210324_083440 IMG_20210324_083358

その後は各学年ごとにさまざまな行事が行われました。

中等1年では「まなび未来PASS」の返却に合わせ、「ふり返り」と短時間での「カウンセリング」を実施しました。今回は特に「コンピテンシー(≒行動する力)」に着目。

まなび未来PASSカウンセリング②

また、高1共学では2年生に進級する際にクラス替えが行われます。つまり、今日は現クラスで集まる最後の日。プログレスコースでは「さよならドッチボール大会」を実施。盛り上がりました。

57期プログレスコース大集合

この1年間は、生徒たちにとって本当に厳しいものであったと思います。それは私たち教員にとっても同じこと。コロナ禍の中、学校の意義、そして教員であることの意味を問い続ける1年となりました。

しかし、限られた行事の折に、卑屈さなど微塵も感じさせない活き活きとした桐蔭生の姿を見るにつけ、むしろこちらが元気をもらってきました。

そんな桐蔭生を改めて頼もしく、誇らしく思う1年でもありました。

来年度もよろしくお願いいたします。

 

卒業式(中学校男子部、中学校女子部)

3/23(火)、中学校男子部と同女子部の卒業式がそれぞれ行われました。男子部は10:00、女子部は13:30開式です。

まずは男子部の様子です。

クラス担任が全員分の名前を読み上げ、一人ずつ起立、代表生徒がクラス全員分の卒業証書を受け取るスタイルです。本来であれば一人ひとりに手渡ししていくところですが、コロナ禍の中、時間短縮を図りました。

クラス代表生徒。

DSC_8614

次に皆勤賞・精勤賞の授与です。桐蔭学園小学校部からの9年間皆勤が1名、中学校3年間皆勤が19名、3年間精勤が13名。大変よくがんばりました。その蔭で、保護者の方のご尽力も忘れてはいけません。

小学部からの9年間皆勤・山田晃生さんが代表して全員分を受け取りました。

DSC_8655

私(岡田)からの校長告辞です。

「人にはそれぞれ使命があります。自分だけの夢を持つのが人間。その夢に向かって生きることこそが、自分の使命を果たすということなのかもしれません。夢を持つこと、夢を語れる情熱を持つこと。私がずっと、皆さんに語りかけてきたことです。中学校で重ねた感動を、夢に変えていこう。そして、高校でも感動を積み重ねていこう。皆さんの可能性は無限です」

DSC_8689

続いて、溝上理事長からの祝辞です。

「すべてのことに『まこと』をつくそう、最後までやり抜く『強い意志』を養おう──この2つは言わずと知れた桐蔭学園の校訓です。多くの卒業生が『この2つは今でもはっきりと覚えている』と言います。それほど印象的で、かつ生きる上で大切なことだと自覚しているということなのでしょう。この2つを自覚して進んでいけば、必ず道は開けます。それを信じて邁進しよう」

DSC_8694

最後は卒業生からの謝辞です。卒業生代表・江川一騎さん。

コロナ禍の中でも決して卑屈にならずに前向きに生活してきた自分たちのことを客観的に見つめ、次の時代に向かって羽ばたいていこうとする決意を、堂々と語りました。

DSC_8752 DSC_8719

女子部は13:30に開式です。卒業証書の授与は男子部と同じスタイルで行いました。

クラス代表生徒。

DSC_8976

次に皆勤賞・精勤賞の授与です。

桐蔭学園小学部からの9年間皆勤・田島凛乃さん(下写真・左)と同・藤田和佳さん(同・右)。よく頑張りました。

DSC_8993

続いて中学校3年間皆勤7名と3年間精勤5名の表彰です。皆勤代表・福沢英里奈さん(下写真・左)と精勤代表・関彩花さん(同・右)。

DSC_9003

私の告辞、理事長の祝辞の後は、式のハイライトとなる卒業生謝辞です。卒業生代表の木村日茉莉さん。

3年間のさまざまなシーンを回想しながら、そこで感じたことや考えたこと等を丁寧に語りました。そして、これまで自分たちを支えてくれた方々への感謝の意を述べてくれました。

DSC_9074 DSC_9079

なお、彼ら彼女らの一つ下の学年からは、男女共学化した中等教育学校に一本化しています。中学校はこの3月をもって、その長い歴史に終止符を打つことになります。

卒業式終了後、引き続き「閉校式セレモニー」を行いました。

はじめに、中学校男子部、同女子部の発展に大きく貢献してくださった志村邦治顧問(前中学校男子部部長、下写真・左)、木村重夫顧問(前女子部統括部長、同・右)にそれぞれご挨拶いただきました。

DSC_8774 DSC_9107

そして最後は桐蔭学園文化センター・シンフォニーホールスタッフが制作した、中学校男子部、中学校女子部の歴史を振り返るスライドを上映しました。

中学校男子部、中学校女子部がこれまで培ってきた伝統と新しい理念は、中等教育学校にしっかりと受け継がれます。私も桐蔭学園中学校卒業生の一人。卒業生の皆さんにも、変わらぬ母校愛を抱き続けてほしいと願っています。

DSC_9136 DSC_8812