桐蔭横浜大学法科大学院

桐蔭法科大学院Toin Law School

桐蔭法科大学院情報

卒業生からのメッセージ

選択科目に選んだ労働法以外にも、
知財法、倒産法など多くの科目を学んだことが業務を行うための糧となり、
桐蔭法科大学院で学んだことの多くは現在に非常に役立っています。


ご所属:O社(一部上場・人材ビジネス会社)

 私が法科大学院を志した時期は、現行の新たな司法試験制度に切り替わり、法科大学院への志願者が激増した時期でした。その中で合格し、自宅からも通える範囲で選んだのが、桐蔭法科大学院でした。桐蔭法科大学院では在学生の多くが社会人でした。社会人になることを経ずに、法科大学院に入学した私にとっては、どこか「大人」の人間関係を作ることができましたし、講義においても、実際に企業の法務担当や法律に関連する業務に携わられている方がどのような考え方をされているのかが垣間見え、非常に興味深くもありました。…続きを読む

今の勤務先では仕事がら法律事務所の先生と話をし、
同僚には法律事務所から出向で来ている弁護士もいますが、
日々の問題について対等にコミュニケーションをすることができるので、
桐蔭法科大学院で学んだ経験は財産になっています。


ご所属:M社(資産運用会社 / 非上場)

 私は、旧司法試験を数回受験後、一旦あきらめて一般企業に就職をしましたが、もう一度挑戦しようと思い夜間コースのある桐蔭法科大学院に進学しました。当初は働きながら夜間で通おうと思ったのですが、法科大学院合格後に実家の援助を受けられることになり、退職して奨学金なども借りながら3年間を昼間のコースで通いました。法科大学院では裁判官や検察官出身の教員から旧司法試験では勉強することがなかった判例や裁判実務の深い理解を、弁護士教員からは特に発展科目等で最新の企業法務の知識を得ることができました。…続きを読む

PAGE TOP
桐蔭学園のオフィシャルFacebookページはこちらから