桐蔭横浜大学法科大学院

桐蔭法科大学院Toin Law School

桐蔭法科大学院情報

修了要件・成績評価など

 本学法科大学院の課程の修了要件は、標準修業年限以上在学し、所定の単位以上(合計93単位以上)の修得、かつ、累計のグレード・ポイント・アベレージ(GPA)が1.8以上であることが必要です。

修了に求められる所定単位

 各科目群の必修科目および選択必修科目、選択科目を履修し、各科目群に設定された必要単位数以上を修得する必要があります。

法律基本科目群 必修科目56単位
実務基礎科目群 必修科目7単位と、選択必修科目4単位以上
基礎法学・隣接科目群 選択必修科目4単位以上
展開・先端科目群 選択必修科目18単位以上
合 計 93単位以上(必修科目・63単位、選択必修科目・選択科目30単位を含む)
※修了要件を満たすために、それぞれの「科目群」ごとに修了に必要な単位数以上を修得し、かつ、合計93単位以上を修得しなければなりません。

※科目群については、コチラをご参照ください。

グレード・ポイント・アベレージ(GPA)について

 成績評価については、期末試験の結果だけでなく、レポート提出状況、質問や発問に対する応答など授業への取り組み姿勢も含めて総合的にとらえ、厳格に行い、各自の努力を正当に評価します。各科目の成績評価は、S・A・B・C・Dと5段階で評価します。
 グレード・ポイント・アベレージ(GPA)は各評価にそれぞれ基準値(GP)を割り当てて数値化し、科目ごとにその単位数を乗じて得られた数値の総和を総履修単位数で除したものをいいます。

○各成績評価の基準値(GP)
○GPAの算出法

※1年次から2年次への進級制限
 1年次から2年次へ進級するためには、17単位以上を修得し、かつ、GPAが1.7以上なければなりません。
※履修登録できる単位数の制限
 無理な履修をすることなく、着実に目標を達成できるように、学年ごとに履修登録できる単位数に制限を設けています。
○1年次で履修登録すべき科目は、すべて必修科目で、前期15単位、後期16単位、合計31単位。
○2年次で履修登録できる単位数は、36単位が上限。
○3年次で履修登録できる単位数は、44単位が上限。

PAGE TOP
桐蔭学園のオフィシャルFacebookページはこちらから