【授業実践】1年国語 シンキングツールの切り替えに挑戦

・じどうしゃくらべ(クラゲチャート→プロット図へのチャートの切り替え),説明文作り,スピーチ

「『じどうしゃくらべ』ではたくさんの車が出てきましたね。その車をクラゲチャートにまとめてみましょう!」
「教科書の中で、トラックの説明は3つありました。」
「そうでしたね!先生は、その3つをクラゲチャートにまとめました。」

   

1年生は、クラゲチャートをまとめることが上手になってきました。
ここで必殺技を伝授しました。

「では、今日はチャートの切り替えをしてみます。」
「チャートの切り替えですか?」
「そうです。チャートの切り替えをすると、クラゲチャートで使ったカードをそのまま他のチャートで使えるようになります。今回はプロット図を使います。」
ここからがロイロノートの真骨頂です。
クラゲチャートで振り返った「車の特徴」をプロット図で文章に戻してみます。今回は元の文章の順番にするので、初めての子どもたちにも簡単でした。それでも、順番に並べ替えてみることで、「なぜ、この順番になったんだろう?」と説明文で重要な「説明する順番」を気にし始めた子どもも出てきました。

   

最後に、
「自分で説明文を書いてみたくなりませんか?」
「え~、できるかなあ?」
「やってみたい!」
ということで、最後は自分で調べた車の説明文を書きました。
最初に、クラゲチャートに「車の特徴」をまとめました。そこで「チャートの切り替え」をして、プロット図で文章にします。
自然と説明する順番に気を配るような説明文ができ上がりました。

      

 

次に、冬休みが終わり、「冬休みの思い出発表会」を行いました。
コロナ禍でなかなか外出もできず、外での思い出を作ることが難しい時期だからこそ、「チャレンジしたこと」の発表も大歓迎です。
まずは「伝えたいこと」をまとめました。まとめるときはクラゲチャートを使いました。クラゲチャートに伝えたいことをまとめていきます。この頃には「クラゲの足が足りないので、付け足しました」という子もちらほらでてきました。
ここから、チャートの切り替えを使って、文章にしました。伝えたいことの順番に気をつけて、台本にすることができました。

   

そして、発表をしました。
発表の時にはiPadを手に発表をしました。発表する時にはiPadばかりを見ていてはうまく伝わらないので、みんなと「目が合うか?」をテーマに行いました。

 発表の様子は、録画してロイロノートですぐに送りました。自分の発表を見直して振り返ることでメタ認知も進みます。もちろん、発表の振り返りもシンキングツールを使いました。Yチャートで観点に分けての振り返りです。
 次の発表が楽しみです!