体育「持久走」教育実践

 11月の体育では、各学年持久走に取り組みました。
 友だちより“速い” “遅い”ではなく、自分のペースやタイムに着目して練習を積み重ねてきました。3年以上の授業では、下の左写真のような、「ペース表」を使用し、1周ごとのペースがどうなっているのか、視覚的にわかるようにしました。子どもたちは、「ペースが一直線になっている!」「ラストスパートで少しペースが上がった!」「1周から2周のペースが落ちているな・・・」など、自分の走った軌跡を振り返っていました。
   

   

 また、「駅伝」を行い、持久走をチームで走る楽しさを味わいました。みんな、次の走者になるべくいい順位でつなごうと最後には自然とダッシュになっていました。いいラストスパートの練習になりました。

 また、授業以外に希望者のみで行う「自主練習」の時間(4~6年)を設け、集まった友だちと切磋琢磨しながら練習する様子も見られました。「自主練習」は朝の自由時間に行いました。朝の涼しい空気を感じながらの練習はよい1日のスタートになったようです。
   

 持久走の授業のまとめとして、12月1日に「校内マラソン大会」を行いました。
 学園のサッカー場・野球場・ラグビー場の周りを走る1周およそ1kmの“特設コース”にてレースを実施しました。大会に参加した全員が完走することができました。多くの子どもたちが自分の持てる力を十分に出し切って最後まで走り切ることができました。順位がどうこうというよりも最後まで全員が完走できたことは、素晴らしいことでした。順位や勝ち負けだけにこだわらず、自分が精一杯行った取り組みに対し自信を持てる子どもたちであってほしいと思います。