月別アーカイブ: 2020年12月

体育「持久走」教育実践

 11月の体育では、各学年持久走に取り組みました。
 友だちより“速い” “遅い”ではなく、自分のペースやタイムに着目して練習を積み重ねてきました。3年以上の授業では、下の左写真のような、「ペース表」を使用し、1周ごとのペースがどうなっているのか、視覚的にわかるようにしました。子どもたちは、「ペースが一直線になっている!」「ラストスパートで少しペースが上がった!」「1周から2周のペースが落ちているな・・・」など、自分の走った軌跡を振り返っていました。
   

   

 また、「駅伝」を行い、持久走をチームで走る楽しさを味わいました。みんな、次の走者になるべくいい順位でつなごうと最後には自然とダッシュになっていました。いいラストスパートの練習になりました。

 また、授業以外に希望者のみで行う「自主練習」の時間(4~6年)を設け、集まった友だちと切磋琢磨しながら練習する様子も見られました。「自主練習」は朝の自由時間に行いました。朝の涼しい空気を感じながらの練習はよい1日のスタートになったようです。
   

 持久走の授業のまとめとして、12月1日に「校内マラソン大会」を行いました。
 学園のサッカー場・野球場・ラグビー場の周りを走る1周およそ1kmの“特設コース”にてレースを実施しました。大会に参加した全員が完走することができました。多くの子どもたちが自分の持てる力を十分に出し切って最後まで走り切ることができました。順位がどうこうというよりも最後まで全員が完走できたことは、素晴らしいことでした。順位や勝ち負けだけにこだわらず、自分が精一杯行った取り組みに対し自信を持てる子どもたちであってほしいと思います。
   

 

桐蔭学園小学校ラーニングスペース 「ようこそ!いそはた水族館!」

 本校にはマルチパーパスホールというフリースペースがあります。そこには、学びにつながる種がたくさん散らばっています。
 そこを今年度からは「ラーニングスペース(学びに向かう場所)」として子どもたちに提供しています。

 今回は、その一角にある「いそはた水族館」を紹介したいと思います。
 本校では理科を「科学」と称しています。理科の各専門分野を持つ4人の教師が、子どもたちを科学的観点から、知的好奇心をくすぐる学習指導をしています。

 このラーニングスペースの一画にある「いそはた水族館」を管理する磯畑先生は、生物のスペシャリストです。みんなが見たことも無いような生き物を各地を飛び回ってGETしてきては、子どもたちに紹介しています。
   

 下の左の写真は、ビーシュリンプです。品種改良をした結果、白と赤のシマシマ模様になった綺麗なエビです。今は子どもたちのアイディアで、クリスマスツリーに見立てた藻を入れました。赤と白のシマシマなエビと藻のクリスマスに向けたコラボレーションになりました。
 下の右の写真はマタマタというカメです。普段は落ち葉に擬態していて動きませんが、餌を食べる時だけ、とても素早く動きます。
   

 こちらはマリモです。昨年の6年生が教室で育てていたものです。みんなへの紹介文も書きました。今では、この水族館に仲間入りです。飾っていると、子どもたちが集まってきてジーッと眺める子もいれば、自分でその生物を調べて写真のような説明文をじっくりと呼んでいる子もいます。

 こちらは食虫植物です。とっても珍しい品種で、生育させるのは難しいのですが、そこは専門家です。しっかりと元気に育っています。虫を食べる植物に子どもたちも興味津々です。
   

 理科室にはもっとたくさんの生き物がいますが、このラーニングスペースの良さは、休み時間などに低学年から高学年までが交流しながら一緒に学べるところです。各学年には生き物の知識にとても詳しい子、とても興味をもった子がいます。ラーニングスペースではそんな子たちが大活躍しています。他の学年の子に教えてあげたり、意見交換したりしながら、生き物を通して「学びの輪」ができています。
 このような、子どもたちだけの空間を準備することも「学びに向かう力」の育成には大切だと感じています。

 

3年科学・図工・行事「からだいっぱい秋を感じよう!」

一つの木の実がつなぐ子どもたちのストーリー

 桐蔭学園の鉄(くろがね)の森に秋の訪れを知らせてくれる「どんぐり」を使って、教科横断的な学びを経験しました。

●3年科学「どんぐりGO!」
「今日は、このどんぐり図鑑(1人1人にどんぐりが調べられる冊子)を使って、この桐蔭学園に落ちているどんぐりの種類を調べてみましょう!」
 大自然に囲まれる桐蔭学園は、季節を感じ創造力を目一杯高めることのできるエリアがたくさんあります。
 幼稚園から小学校6年まで、科学(理科)の授業で、季節ごとにフィールドワークをしています。

①まずは鉄の森の中へ
「どんぐりGO! First stage スタート!」
   
「うわ!どんぐりたくさん落ちている!」「こっちのは帽子つきだ!」
 早速、森の中で、どんぐりを見つけ、楽しそうに子どもたちはどんぐりを拾っていました。
「拾ったどんぐりは、図鑑を見て、どの種類なのか、みんなで調べてみてね。」
   

   

②次は、桐蔭学園実習田の方へ
「次はこちらが Second stageです!」
      
「あれ?さっきと形が違う? すごく細長い!」「こっちにまんまるのがあるよ!」
「ここが夏に5年生がお米を作る田んぼか~」
     
 桐蔭学園の「秋」をたくさんGETすることができました!

③そして、ここからが本番です。理科室に帰ってきて、どんぐりたちを分別し、種類ごとにタブレットPCで写真を撮り、自分だけの「どんぐり図鑑」を作ります。
   

   
 
     
「これとこれは同じ種類だね。」「でもここが少し違うよ? 違いが分かるように写真に撮っておこう」
 みんなで話し合いながら、どんぐりたちを仕分けするのは楽しいようで、黙々と分けては写真に記録していました。
 レアな形があると、みんなで共有しました。こうやって実際に秋の自然に触れながら、興味を持って見ることができると、ただの知識ではなく、他にも活用できる「生きた知識」の育成につながります。

 みんなで集めた、このどんぐりの山。この後いったいどうなるのでしょうか…?
 

●図工 造形遊びの日

 桐蔭学園の自然を駆けまわり、科学の授業でみんなで集めた「どんぐり」たちは、子どもたちの創造力を爆発させる活動に一役買いました。このどんぐりは、「造形遊び」という行事に使います。3年生の造形遊びは、「あつまれ桐蔭の島!~みんなでつくろう秋の島~」と銘打って、自分の想像する自分だけの秋の島を目の前の素材に触れながら作りました。
「あっ!僕がとってきたどんぐりだ!」
「これはコナラかな?ミズナラだな!」
 先週科学の授業え自分たちで図鑑を見ながら取ってきた影響もあり、興味津々でどんぐりを手に取りながら、どう使おうかと考えていました。
   
 
   
 科学と図工の融合がフロア全体で起きていました。科学的知識に裏付けされた物体を、芸術・造形活動に活用する心の動きは、教科横断的活動学習の良いところで、子どもたちののめり込む深さは桁違いです。
   
 
   

 午前中は個人で自分の思い描く秋の島を作りましたが、午後は、各自が作った島を友だちとつなげる活動を入れました。「それぞれの良さが光る島を、どうやってつないでいくか?」これもとてもより思考となりました。

「うわぁ~ キミの島、いいね!なるほどそうやってどんぐりを使うのか~」
「これを、ここに使ったら、2つの島をつなぐいい感じの橋になるんじゃない?」
「真ん中に置くモニュメントのために一緒にねんどをこねよう!」
「これはみんなの島につながるいのちの木ね♪」
   
 
   

 数週間にわたる大きな思考の流れが創造力を刺激し、その成長を支えます。科学科の教員と図工科の教員がそれぞれ協力し、見事に融合しました。とても3年生が作ったとは思えない素晴らしい島がたくさんできました。あらためて子どもたちの創造力が無限大なことに驚かされました。
 例えば、松ぼっくりが落ちているのを見た時、子どもたちは「この松ぼっくりは種なのかな?そして何か作れないかな?」という発想になるのに間違いありません。

 

桐蔭学園小学校「子どもたちの深い学びを追求!~シンキングツールの活用~」

 桐蔭学園小学校では、子どもたちの「学び」を深めるために「思考力の育成」を目指した授業改革に「シンキングツール」を導入して、組織的に取り組んでいます。関西大学の黒上晴夫教授をアドバイザイーとして迎えてご指導いただきながら、日々実践と研修を重ねています。
 本校では、シンキングツールを導入した新たな授業展開を今年度4月から開始しようと、昨年度中から黒上教授に指導を仰ぎながら準備を進めてきました。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響による休校や自宅学習対応等のため、学校再開後の7月から授業で導入し始め、9月より本格的に取り組んでいます。そして、10月からは児童に1人1台のタブレット端末を導入し、現在、デジタル版のシンキングツールを授業等で活用しています。
今後の本校の新しい教育展開に大いにご期待ください。

◯ 桐蔭学園小学校が挑戦する『考える文化』の醸成に期待(関西大学 黒上晴夫 教授)

 世界中を襲ったパンデミックが、学校に落とした影響はとても大きい。ただ、前向きにとらえることができる影響もある。遠隔での授業や、個人学習などを視野に入れた教育の在り方を、否が応でも考えざるを得なくなったことだ。そして、全ての子どもにタブレット端末を与える施策が一気に動いた。そこには、AIドリルなどを使った個人学習への期待もあるが、もっと大事なのは、どこにいても一人一人が考え、それを一気に共有する学びがサポートされることだ。
 桐蔭学園小学校は、今年度から、シンキングツールを活用した授業改善を目指すことになっていた。しかも、当初想定していなかった「デジタル版
シンキングツール」を年度の半ばを過ぎてから使い始めた。
 シンキングツールの活用は、学校全体で長期間取り組むことがとても大事だ。使い方を学び、それに慣れ、一人一人が考えをつくり出し、それを共
有してブラッシュアップしていく。それにどの学年も取り組み、入学時から卒業するまで使い続けることで「考える文化」が学校に根付く。公立学
校では、これが難しい。一貫教育の中で、「考える文化」をじっくりと醸成していってほしいと思う。
 

◯ シンキングツールの導入と活用(小学校カリキュラムマネージャー 小林 勉)

 本校では、アクティブラーニング型の授業を積極的に実践しています。その中で「個→協働→個」の展開をより深めていく方法を試行錯誤してきました。子どもたちに「思考力」をつけさせることを系統立てて、組織的に取り組むことは学校としての大きな課題でした。教員の中には、ベン図を使ったり、クロス表を使ったりして、子どもたちの学びを深めようとチャレンジする人もいましたが、教科を越えてつなげることはなかなかできませんでした。
 そのような中、シンキングツールと黒上先生との出会いが、本校の抱える悩みを解決する方向に導いてくださいました。現在、黒上先生から多くのアドバイスをいただきながら、シンキングツールを積極的に活用して授業改善に臨むというミッションに学校全体で組織的に取り組んでいます。

 

2年 算数「フラッシュ計算から気が付く計算のポイント!」

 ロイロノートの画面共有機能を使うと、クラスの子どもたちのタブレットPCに瞬時にデータを送ることができます。それを活用して、2年生の算数ではフラッシュ計算を行っています。
 
「さぁいくよ! 問題は6問、どんどん答えよう。送りました!」
「あっ!来た! 8+32=40!」

   

 子どもたちはどんどん答えていきます。前回の授業の復習や、1年生の時の復習なども織り交ぜて、出題します。一人一人がタブレットで、自分の目の前の画面を見るので集中して取り組めます。
 行った計算は、その後に振り返ります。
「さぁ続いて、『どうして、そのような計算をしたのか』を、頭のなかの仕組みをピラミッドチャートを使って目に見える形にしてみよう!」

 それぞれの子どもたちが、シンキングツールを使って、自分の考えをまとめます。

   

   

 ここが桐蔭らしさです。機械的に計算を行い鍛えるのではなく、出てきた答えが「なぜなのか?」というところを大切にし、「生きた知識」へと定着させる取り組みです。
瞬時にできた自分の答えをシンキングツールを使い振り返ることでメタ認知力の向上につなげます。